戦場のピアニスト

この映画は、何度見てもいい。ブルーレイを買って何度も見ました。もう10回以上見ました。何がいいのかというと、主演の俳優がいい。ユダヤ人の大虐殺の時の話で、隠れて逃げのび助かったピアニストの話で、とても静かな映画で主演の心情を表し怖く悲しい映画なのですが、当時生き延びた人の気持ちをよく表し当時の歴史を知りたくなりました。この映画を見るまで他の国の戦争の歴史に興味がなかったのが、この国の当時の事が気になり、アンネの日記を読んだり、シンドラーのリストの映画を観たりして勉強したくなりました。この映画を見ると当時自分がそこで行きていた思いにさせ懐かしく思ってしまい、たまに思い出しまた観てしまうくせになる映画で一番好きです。夫の浮気を疑っている方